レバノンの動き:バグダーディー氏の元妻をテロ容疑で起訴(2014年12月9日)

ヌハード・マシュヌーク暫定内務地方自治大臣は、ダーイシュ(イスラーム国)カリフを名のるアブー・バクル・バグダーディー氏のイラク人元妻サジャー・ハミード・ドゥライミー氏に関して、「テロ容疑」での逮捕状が発行され、現在レバノン軍事裁判所の拘置所で身柄を拘束中だと発表した。

一方、ドゥライミー氏とともに拘束されたシャームの民のヌスラ戦線幹部アブー・アリー・シーシャーニー氏の妻アーラー・ウカイリー氏に関しては、現在身柄拘束中の内務治安軍総局拘置所からの釈放を決定したと付言した。

ナハールネット(12月9日付)などが伝えた。

**

サウジアラビア日刊紙『ウカーズ』(12月9日付)は、シャームの民のヌスラ戦線が、シリア領内(ダマスカス郊外県カラムーン地方)でヒズブッラーの戦闘員3人を拘束した、と報じた。

拘束されたとされる3人の氏名は、ハサン・マンスール、アリー・フサイニー、ムハンマド・アッバースだという。

AFP, December 9, 2014、AP, December 9, 2014、ARA News, December 9, 2014、Champress, December 9, 2014、al-Hayat, December 10, 2014、Kull-na Shuraka’, December 9, 2014、al-Mada Press, December 9, 2014、Naharnet, December 9, 2014、NNA, December 9, 2014、Reuters, December 9, 2014、SANA, December 9, 2014、‘Ukaz, December 9, 2014、UPI, December 9, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き パーマリンク