シリア国内の暴力:アレッポ県でシリア軍とヌスラ戦線らが交戦(2014年12月29日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アルド・マッラーフ地区一帯で、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、クドス旅団、イラン人・アフガン人戦闘員が、アンサール・ディーン戦線、シャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、サラミーヤ市郊外のスナイダ村一帯で、シリア軍と反体制武装集団が交戦、またシリア軍はカフルズィーター市、ラターミナ町一帯を「樽爆弾」で空爆した。

**

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(12月29日付)によると、ウンマ軍との戦闘の末、イスラーム軍(ザフラーン・アッルーシュ)が獲得したダマスカス郊外県ドゥーマー市の文化センターで、大量の麻薬が発見された。

一方、SANA(12月29日付)によると、カラムーン地方無人地帯などで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、カーブーン区でシリア軍と反体制武装集団が交戦した。

**

イドリブ県でな、シリア人権監視団によると、ワーディー・ダイフ軍事基地周辺でシリア軍とジハード主義武装集団が交戦し、後者の戦闘員1人を含む3人が死亡した。

シリア軍はまたマアッラトミスリーン市を空爆し、1人が死亡した。

一方、SANA(12月29日付)によると、タフタナーズ市周辺、マアッラトミスリーン市、タッル・ダマーン村、アブー・ズフール町一帯などで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ダルアー市マンシヤ地区、イブタア町、ブスラー・シャーム市、ダイル・アダス村で、シリア軍、国防隊とシャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団が交戦した。

一方、SANA(12月29日付)によると、ブスラー・シャーム市、イブタア町、ナーミル村、アルマー村、サムリーン村、ズィムリーン村、シャイフ・マスキーン市、アトマーン村、ダーイル町、ダルアー市バジャービジャ地区などで、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線、イスラーム・ムサンナー運動、ガバーギブ殉教者旅団、クライシュの鷹大隊の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(12月29日付)によると、ヒムス市ワアル地区、ラスタン市一帯、アイン・フサイン村で、シリア軍が反体制武装集団の追撃を続け、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、ファールーク大隊の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, December 29, 2014、AP, December 29, 2014、ARA News, December 29, 2014、Champress, December 29, 2014、al-Hayat, December 30, 2014、Iraqi News, December 29, 2014、Kull-na Shuraka’, December 29, 2014、al-Mada Press, December 29, 2014、Naharnet, December 29, 2014、NNA, December 29, 2014、Reuters, December 29, 2014、SANA, December 29, 2014、UPI, December 29, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク