ダーイシュ(イスラーム国)がアル=カーイダ系武装集団によって制圧されたイドリブ市を制圧する意思を表明(2015年3月30日)

Raqqa-sl(3月30日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)宗教警察(ヒスバ)がラッカ市での金曜礼拝(27日)後に、「第17師団、タブカ航空基地での勝利は近くイドリブ市にも至るだろう」と述べ、ファトフ軍が29日に制圧したイドリブ市を掌握する意思を表明したと伝えた。

一方、ファトフ軍の戦闘員の一人は、オリエント・チャンネル(3月30日付)の取材のなかで「イドリブ市の解放を、すべてのアラブ諸国、世界のすべての国、イエメンの我らがイスラーム教徒の兄弟、そしてイスラーム国(ダーイシュ)の我らが兄弟に捧げる…。みながこの勝利を経て一つになり、ちりぢりにならないことを願う…。この勝利をシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、そして自由シリア軍における我らが兄弟に捧げる」と述べた。

AFP, March 30, 2015、AP, March 30, 2015、ARA News, March 30, 2015、Champress, March 30, 2015、al-Hayat, March 31, 2015、Iraqi News, March 30, 2015、Kull-na Shuraka’, March 30, 2015、al-Mada Press, March 30, 2015、Naharnet, March 30, 2015、NNA, March 30, 2015、Orient News, March 30, 3015、Raqqa-sl, March 30, 2015、Reuters, March 30, 2015、SANA, March 30, 2015、UPI, March 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク