イスラーム軍が東グータ地方で活動するウマル軍団、イマーム・フサイン旅団を吸収合併(2015年4月30日)

イスラーム軍は声明を出し、ダマスカス郊外県東グータ地方で活動する一大武装勢力のウマル軍団がイスラーム軍と完全統合し、イスラーム軍の指揮下に入ったと発表した。

ウマル軍は、ジュンド・ダウヒード旅団、シャバーブ・サーディキーン旅団、アフバーブ・アッラー旅団、イバード・ラフマーン大隊、グータ・アバービール題がい、イブン・タイミーヤ大隊、アリ・ブン・ビン・ターリブ大隊、ジュンド・ハック大隊、アブー・バクル・スィッディーク大隊、軍事エリート大隊からなる。

なおクッルナー・シュラカー(5月1日付)によると、イマーム・フサイン旅団もこれに先だって、イスラーム軍に吸収合併されていた。

AFP, May 1, 2015、AP, May 1, 2015、ARA News, May 1, 2015、Champress, May 1, 2015、al-Hayat, May 2, 2015、Iraqi News, May 1, 2015、Kull-na Shuraka’, May 1, 2015、al-Mada Press, May 1, 2015、Naharnet, May 1, 2015、NNA, May 1, 2015、Reuters, May 1, 2015、SANA, May 1, 2015、UPI, May 1, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク