ダマスカス県・郊外県、イドリブ県でシリア軍による空爆・砲撃と反体制武装集団による砲撃の応酬が続く(2015年8月30日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダーライヤー市に「樽爆弾」18発を投下、またアルバイン市、ハラスター市にも空爆を行った。

この空爆で、アルバイン市で女性1人が死亡、ドゥーマー市では子供2人、女性2人を含む5人が死亡した。

また、ハラスター市の車輌局一帯では、シリア軍、国防隊がシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、ザバダーニー市では、シリア軍第4師団、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、パレスチナ解放軍が、ジハード主義武装集団、地元武装集団と交戦、ヒズブッラー戦闘員2人が死亡した。

これに関して、SANA(8月30日付)は、シリア軍がレバノンのレジスタンス(ヒズブッラー戦闘員)とともに、ザバダーニー市内で進軍を続け、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊したと伝えた。

**

ダマスカス県では、シリア人権監視団によると、カフルスーサ区、シャイフ・ラスラーン地区、マズラア地区、教育省周辺、アッシュ・ウルール地区などに、反体制武装集団が撃った迫撃砲弾複数発が着弾し、救急車両が被害現場に駆けつけた。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ファトフ軍が、シリア政府支配下のフーア市、カラフヤー町に対して、迫撃砲弾複数発を撃ち込んだ。

これに対して、シリア軍は、ビンニシュ市、マアッラトミスリーン市、そしてフーア市とカファルヤー町周辺の町村を空爆、またバサーミス村、ジスル・シュグール市、カフル・ナブル市、アウラム・ジャウズ村に対して砲撃を行い、カフル・ナブル市の砲撃で3人が死亡した。

その一方、シリア軍は、反体制武装集団との戦闘や空爆の末、30日までにヒルバト・ナークース村を奪還した。

これに関して、SANA(8月30日付)は、シリア軍が、カファルヤー町、フーア市周辺の町・村、バラーグーティー村、ハミーマート村、ハシール村、タッル・ルーズ村、ワリーダ村、アブー・ズフール航空基地周辺、マアッラト・ヌウマーン市、マアッラト・ハルマ村、カフルナブル市南部、ハーッス村、タマーニア町、ファッティーラ村、クファイル村、アイン・ラールーズ村西部、アナブ村、イブリーン村、バルユーン村、サワーギヤ村、バイダル・シャムシュー村、ハムカ丘、シール・ディーバ村を空爆し、シャームの民のヌスラ戦線などからなるファトフ軍の戦闘員50人以上を殺傷、拠点・装備を破壊したと伝えた。

Kull-na Shuraka', August 30, 2015

Kull-na Shuraka’, August 30, 2015

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、タッル・ワースィト村、カストゥーン村、ズィヤーラ町、サイヤード村をシリア軍が空爆した。

一方、SANA(8月30日付)によると、ハウワーシュ村、ダクマーク村、ザクーム村、ズィヤーラ町、フライカ村、サイヤード村をシリア軍が空爆し、シャームの民のヌスラ戦線などからなるファトフ軍の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、イドリブ県との県境に位置するナビー・ユーヌス峰一帯で、シリア軍、国防隊とファトフ軍が交戦した。

ドゥラル・シャーミーヤ(8月30日付)によると、この戦闘でシャーム自由人イスラーム運動、海外第1師団が、クルド山のジュッブ・ガール地区にあるカバル・ハシーシュ丘のシリア軍を攻撃し、同地を制圧したという。

一方、SANA(8月30日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団(国防隊など)とともに、ラビーア町で反体制武装集団と交戦し、トルコ人、チェチェン人戦闘員を含むシャームの民のヌスラ戦線戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がシャイフ・マスキーン市を「樽爆弾」で空爆した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊が、ウンム・シャルフーフ村、ハラーリーヤ村一帯で、シャームの民のヌスラ戦線などジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(8月30日付)によると、タルビーサ市、ラスタン市、アイン・フサイン村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

これに関連して、ヒムス解放運動を名乗るグループは声明を出し、29日のラスタン市に対するシリア軍の砲撃で、「化学物質」が使用され、戦闘員5人が死亡した、と発表した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア政府支配下のアレッポ市アズィーズィーヤ地区に反体制武装集団が撃った迫撃砲弾複数発が着弾し、建物などが被害を受けた。

また、アレッポ市北東部入り口に位置するブライジュ村一帯では、シリア軍、国防隊、パレスチナ人のクドス旅団、ヒズブッラー戦闘員が攻勢をかけ、ムハージリーン・ワ・アンサール軍(チェチェン人)などからなるアンサール・ディーン戦線と交戦した。

さらに、アレッポ市ハーリディーヤ地区(シーハーン回廊)では、シリア軍、国防隊がアレッポ・ファトフ作戦司令室と交戦した。

**

クナイトラ県では、SANA(8月30日付)によると、ウンム・アッザーム村、ジャバーター・ハシャブ村、ハミーディーヤ村で、シリア軍が反体制武装集団と交戦し、シャームの民のヌスラ戦線

の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, August 30, 2015、AP, August 30, 2015、ARA News, August 30, 2015、Champress, August 30, 2015、al-Durar al-Shamiya, August 30, 2015、al-Hayat, August 31, 2015、Iraqi News, August 30, 2015、Kull-na Shuraka’, August 30, 2015、al-Mada Press, August 30, 2015、Naharnet, August 30, 2015、NNA, August 30, 2015、Reuters, August 30, 2015、SANA, August 30, 2015、UPI, August 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク