アレッポ市シャイフ・マクスード地区でYPGとアル=カーイダ系のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動の戦闘が再開(2015年9月30日)

アレッポ県では、ARA News(9月30日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊が最近になって完全制圧し、シリア政府支配地域とを結ぶ通行所が開放されたアレッポ市シャイフ・マスキーン地区に対して、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動が再び攻撃、人民防衛部隊と交戦した。

ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動の攻撃は、アレッポ・ファトフ作戦司令室の人民防衛部隊の停戦合意後、数時間足らずで再開された。

AFP, September 30, 2015、AP, September 30, 2015、ARA News, September 30, 2015、Champress, September 30, 2015、al-Hayat, October 1, 2015、Iraqi News, September 30, 2015、Kull-na Shuraka’, September 30, 2015、al-Mada Press, September 30, 2015、Naharnet, September 30, 2015、NNA, September 30, 2015、Reuters, September 30, 2015、SANA, September 30, 2015、UPI, September 30, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク