ダイル・ザウル県内でダーイシュ(イスラーム国)とムーハサン市住民の対立が激化(2015年10月2日)

ダイル・ザウル県では、ARA News(10月2日付)は、複数の消息筋の話として、ムーハサン市で、ダーイシュ(イスラーム国)メンバーと、ダーイシュに追従していた同市の指導者との間で対立が激化し、ダーイシュと部族民兵の交戦が生じていると伝えた。

両者の緊張状態は数日前、ダーイシュの宗教警察(ヒスバ)が女性に対して厳格な規則を押しつけ、またダイル・ザウル航空基地一帯での戦闘に参加していた若者らや女性が逮捕され、公開処罰を受けたことで激化したという。

**

ハサカ県では、ARA News(10月3日付)によると、ダーイシュのバラカ州が、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊との戦闘の末にアブドゥルアズィーズ山の大部分を制圧したと発表した。

これに対して、人民防衛部隊はアブドゥルアズィーズ山一帯での戦闘でダーイシュ戦闘員28人を殲滅したと発表した。

AFP, October 2, 2015、AP, October 2, 2015、ARA News, October 2, 2015、October 3, 2015、Champress, October 2, 2015、al-Hayat, October 3, 2015、Iraqi News, October 2, 2015、Kull-na Shuraka’, October 2, 2015、al-Mada Press, October 2, 2015、Naharnet, October 2, 2015、NNA, October 2, 2015、Reuters, October 2, 2015、SANA, October 2, 2015、UPI, October 2, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク