ダーイシュ(イスラーム国)は、羊を生贄として捧げることで知られるイード・アドハーにキリスト教徒住民3人を処刑(2015年10月8日)

クッルナー・シュラカー(10月8日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)が、ハサカ県タッル・シャーミーラーン村一帯で2015年2月拉致した住民(アッシリア教徒)約180人のうちの3人を処刑し、その映像をインターネットで公開したと伝えた。

処刑されたのは、アブドゥルマスィーフ・ヌーヤー氏、アーシュール・イブラーヒーム氏(いずれもタッル・ジャズィーラ村出身)、バッシャーム・ミーシャーイール氏(タッル・シャミーラーン村出身)の3人。

アッシリア人権ネットワークによると、3人は、イード・アドハーの朝に斬首され、その後、最近になって処刑の映像を公開したという。

Kull-na Shuraka', October 8, 2015

Kull-na Shuraka’, October 8, 2015

 

AFP, October 8, 2015、AP, October 8, 2015、ARA News, October 8, 2015、Champress, October 8, 2015、al-Hayat, October 9, 2015、Iraqi News, October 8, 2015、Kull-na Shuraka’, October 8, 2015、al-Mada Press, October 8, 2015、Naharnet, October 8, 2015、NNA, October 8, 2015、Reuters, October 8, 2015、SANA, October 8, 2015、UPI, October 8, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク