米軍はハサカ県で活動する「シリア・アラブ同盟」に弾薬50トンをパラシュートで投下(2015年10月11日)

米国が主導する米中央軍(CENTCOM)のパトリック・レイダー報道官(大佐)は、米軍が11日、シリア北部でダーイシュ(イスラーム国)と戦う反体制派に弾薬をパラシュートで投下したと発表した。

バグダード駐在のスティーブ・ウォーレン報道官によると、投下された弾薬は「シリア・アラブ同盟」(SAC)に対して供与されたという。

SACは、アラブ人の複数の武装集団から攻勢される連合組織で、兵力は4,000~5,000人おり、米軍は弾薬供与にあたって、その指導者を慎重に吟味したのだという。

また有志連合は、このSACが現地で特定したダーイシュの標的に対して空爆するようになっているという。

また米匿名高官はAFP(10月12日付)に対して、投下されたのが弾薬、手榴弾など50トンに及ぶことを明らかにした。

米軍による弾薬投下は、米国防総省が、トルコ領内での「穏健な反体制派」への教練プログラムを廃止し、シリア国内の反体制派への武器供与を決定したことを受けた動き。

AFP, October 12, 2015、AP, October 12, 2015、ARA News, October 12, 2015、Champress, October 12, 2015、al-Hayat, October 13, 2015、Iraqi News, October 12, 2015、Kull-na Shuraka’, October 12, 2015、al-Mada Press, October 12, 2015、Naharnet, October 12, 2015、NNA, October 12, 2015、Reuters, October 12, 2015、SANA, October 12, 2015、UPI, October 12, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク