YPGが、米軍から弾薬をパラシュート投下で供与されたSACとともに、ダーイシュ(イスラーム国)の中心拠点ラッカ市攻略に向け「シリア民主軍」を結成、近く有志連合と連携して作戦を開始(2015年10月11日)

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊の主導のもと、ダーイシュ(イスラーム国)の中心拠点ラッカ市を攻略するための新たな武装連合組織「シリア民主軍」(通称「ジャサド」(JSD)の結成が発表された。

「ジャサド」は「シリア民主軍」(al-Jaysh al-Suri al-Dimuqrati)の頭字語(JSD)。

Kull-na Shuraka', October 13, 2015

Kull-na Shuraka’, October 13, 2015

西クルディスタン移行期民政局を主導するクルド民族主義政党、民主連合のサーリフ・ムスリム共同党首は「シリア民主軍」に関して『ハヤート』(10月13日付)の取材に対して「過激主義と距離を置き、民主的世俗的シリアを信じるすべての武装勢力の参加を通じて、組織をさらなる拡大するための一歩」と位置づけた。

また、人民防衛部隊のスィーバーン・ハンムー司令官は『ハヤート』に対し、有志連合と連絡の連絡を通じ、ラッカ県奪還に向けた大規模作戦の0時0分の調整を行っているとしたうえで、作戦開始が数週間中に行われることを明らかにした。

『ハヤート』によると「シリア民主軍」は約5万人の兵力を擁し、以下の武装組織が参加しているという:

西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊(YPG)および女性防衛部隊(YPJ):兵力は2万5,000人
シリア・アラブ同盟(SAC):ハサカ県のアラブ人戦闘員からなり、兵力は1,200人。有志連合から11日にパラシュートでの投下により弾薬を供与された組織。
革命家軍:アレッポ県郊外およびラッカ県のトルコ国境地帯の戦闘員からなり、兵力は2,500~3,000人)
ユーフラテスの火山作戦司令室:兵力は4,000~5,000人
サナーディード軍:ハサカ県のアラブ人部族の民兵で、兵力は700人
ジャズィーラ旅団連合:ハサカ県のアラブ人部族の民兵で、兵力は700人
シリア正教軍事評議会:ハサカ県のシリア正教徒の民兵で、兵力は1,500人

AFP, October 12, 2015、AP, October 12, 2015、ARA News, October 12, 2015、Champress, October 12, 2015、al-Hayat, October 13, 2015、Iraqi News, October 12, 2015、Kull-na Shuraka’, October 12, 2015、al-Mada Press, October 12, 2015、Naharnet, October 12, 2015、NNA, October 12, 2015、Reuters, October 12, 2015、SANA, October 12, 2015、UPI, October 12, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク