トルコ軍がシリア領空を侵犯し、対トルコ国境に面するダーイシュ(イスラーム国)の主要拠点の一つジャラーブルス市に接近したPYDの船舶2隻を空爆(2015年10月25日)

ドゥラル・シャーミーヤ(10月25日付)によると、トルコ軍戦闘機がシリア領内に侵入し、トルコ国境に近いユーフラテス川(アレッポ県ジャラーブルス市南部)で、西クルディスタン移行期民政局を主導する民主連合党の船舶2隻に対して空爆を行った。

この船舶2隻は、ダーイシュ(イスラーム国)が支配を続けるトルコ国境沿いのジャラーブルス市に進入しようとしていたところを、トルコ軍によって空爆されたという。

ジャラーブルス市は、米トルコ両政府が設置合意した「安全地帯」の北東の端に位置する町で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊がその制圧をめざしている。

AFP, October 25, 2015、AP, October 25, 2015、ARA News, October 25, 2015、Champress, October 25, 2015、al-Hayat, October 26, 2015、Iraqi News, October 25, 2015、Kull-na Shuraka’, October 25, 2015、al-Mada Press, October 25, 2015、Naharnet, October 25, 2015、NNA, October 25, 2015、Reuters, October 25, 2015、SANA, October 25, 2015、UPI, October 25, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク