カーター米国防長官「ISILと戦う意思、能力、動機があるグループをさらに見出せば、我々はより多くのことをする」(2015年11月8日)

アシュトン・カーター米国防長官はABC News(11月8日付)に対し、「ISIL(ダーイシュ(イスラーム国)と戦う意思、能力、動機があるグループをさらに見出せば、我々はより多くのことをする。大統領はより多くのことを行う意思を示している。私にはそうするよう彼に進言する用意はできているが、地元の勢力がいなければならない。これこそが持続的な勝利へのカギとなる」と述べ、シリアの反体制派にさらなる武器・技術支援を行う意思があると述べた。

AFP, November 9, 2015、ABC News, November 8, 2015、AP, November 9, 2015、ARA News, November 9, 2015、Champress, November 9, 2015、al-Hayat, November 10, 2015、Iraqi News, November 9, 2015、Kull-na Shuraka’, November 9, 2015、al-Mada Press, November 9, 2015、Naharnet, November 9, 2015、NNA, November 9, 2015、Reuters, November 9, 2015、SANA, November 9, 2015、UPI, November 9, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク