トルコ軍がシリア・トルコ国境地帯でロシア軍戦闘機を撃墜、ロシア側はシリア領内で撃墜されたと主張(2015年11月24日)

トルコ軍消息筋は今日(24日)、国籍不明の戦闘機1機がシリアとの国境近くに領空侵犯し、トルコ側の警告を無視したため、トルコ軍のF-16戦闘機が同機を撃墜したことを明らかにした。

一方、ロシア国防省は、ロシア軍のSu-24戦闘機がシリア領内で撃墜され、パラシュートで脱出した搭乗員2人の消息が不明だと発表した。

モスクワは、撃墜された戦闘機が終始シリア領空内を飛行していたことを立証できると述べている。

CNN-Turkチャンネルは、複数の地元筋の話として、ロシア人パイロット2人のうちの1人が、トルクメン人(トルコ語を母語とするシリア人)の反体制武装勢力に拘束されたと伝えた。

ロイター(11月24日付)が伝えた。

Reuters, November 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク