ロシア軍戦闘機撃墜事件(1):トルコはロシア機が領空侵犯したと主張、軍はダウトオール首相ではなくエルドーアン大統領にまず報告(2015年11月24日)

トルコ軍は、国籍不明の戦闘機1機がシリアとの国境近くに領空侵犯し、トルコ側の警告を無視したため、トルコ軍のF-16戦闘機が同機を撃墜したと発表した。

一方、ロシア国防省は、ロシア軍のSu-24M戦闘爆撃がシリア領内で撃墜され、パラシュートで脱出した搭乗員2人の消息が不明だと発表した。

Naharnet, November 24, 2015

Naharnet, November 24, 2015

Kull-na Shuraka', November 24, 2015

Kull-na Shuraka’, November 24, 2015

**

トルコ軍によると、24日現地時間の午前9時20分頃、同国南部(ハタイ県)上空を侵犯した国籍不明機に、5分間で10回にわたり退去するよう警告を発したが、同機はこれを無視したために、F-16戦闘機が撃墜し、機体はシリア領内ラタキア県北部に墜落したという。

領空侵犯は17秒間行われた。

ドーアン通信(11月24日付)によると、同機は撃墜される前、トルクメン人(トルコ語を母語とするシリア人)の居住地域を空爆していたという。

**

トルコのアフメト・ダウトオール首相は、「我々の領空、領土を侵害するすべての者に対して必要なあらゆる措置を講じることが、国際的に承認された我々の権利であり、我ら国民の義務であることを皆が知っておかねばならない」と述べ、ロシア軍戦闘機撃墜が正当な行為だったと強調した。

**

なお、『ハヤート』(11月25日付)によると、トルコ軍はロシア軍戦闘機撃墜の、アフメト・ダウトオール首相ではなく、レジェップ・タイイップ・エルドアン大統領に最初に報告、またこれに関する最初の声明も、トルコ軍参謀本部を参加に置く首相府からではなく、大統領府から発せられた。

これに関して、『ハヤート』は、エルドアン大統領がシリア情勢やロシア軍のシリア介入を独自にフォロー質得ることを示していると伝えた。 

AFP, November 24, 2015、AP, November 24, 2015、ARA News, November 24, 2015、Champress, November 24, 2015、CNN Turk, November 24, 2015、Dogan Haber Ajansi, November 24, 2015、al-Hayat, November 25, 2015、Iraqi News, November 24, 2015、Kull-na Shuraka’, November 24, 2015、al-Mada Press, November 24, 2015、Naharnet, November 24, 2015、NNA, November 24, 2015、Reuters, November 24, 2015、SANA, November 24, 2015、UPI, November 24, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク