ダーイシュ(イスラーム国)がビデオ声明で「英国への侵攻」を宣言(2016年1月3日)

ダーイシュ(イスラーム国)ラッカ州広報センターはビデオ声明を出し、そのなかで英国アクセントの英語を話す覆面姿の男性が英国への攻撃を警告、また英国のスパイだという男性5人を銃殺する映像を公開した。

約10分間のビデオ声明では、ラッカ県出身だという男性5人が、英国に情報を流したなどと自供、その後、覆面姿の男性がデヴィッド・キャメロン英首相を「ホワイトハウスの奴隷」と批判し、「いつか英国に侵攻する」と宣言、男性5人を射殺した。

AFP, January 4, 2016、AP, January 4, 2016、ARA News, January 4, 2016、Champress, January 4, 2016、al-Hayat, January 5, 2016、Iraqi News, January 4, 2016、Kull-na Shuraka’, January 4, 2016、al-Mada Press, January 4, 2016、Naharnet, January 4, 2016、NNA, January 4, 2016、Reuters, January 4, 2016、SANA, January 4, 2016、UPI, January 4, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク