シャーム自由人イスラーム運動がイドリブ県でダーイシュ(イスラーム国)のスリーパー・セルを摘発(2016年1月7日)

イドリブ県では、ARA News(1月7日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動がマアッラト・ヌウマーン市内で大規模な捜索活動を行い、ダーイシュ(イスラーム国)のスリーパー・セルを摘発した。

このセルは1月2日のジャルジャナーズ町でのシャーム自由人イスラーム運動所属のスンナの兵旅団司令官のアブドゥルカーディル・ダブアーン氏(アブー・タミーム)暗殺に関与しているという。

AFP, January 7, 2016、AP, January 7, 2016、ARA News, January 7, 2016、Champress, January 7, 2016、al-Hayat, January 8, 2016、Iraqi News, January 7, 2016、Kull-na Shuraka’, January 7, 2016、al-Mada Press, January 7, 2016、Naharnet, January 7, 2016、NNA, January 7, 2016、Reuters, January 7, 2016、SANA, January 7, 2016、UPI, January 7, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク