アル=カーイダ系のジュンド・アクサー機構は、アル=カーイダ系のシャーム自由人によるダーイシュ(イスラーム国)細胞の処刑に反発しファトフ軍としての活動中止を宣言(2016年1月7日)

アル=カーイダ系組織のジュンド・アクサー機構は、ファトフ軍の作戦司令室のもとでの活動を中止すると発表した。

ジュンド・アクサー機構の声明によると、活動中止は、ファトフ軍執行部メンバーのシャーム自由人イスラーム運動のアブー・ユースフ氏が、執行部長(アミール)のアブー・キターダ氏の許可を得ず、ダーイシュ(イスラーム国)のために活動していたとされる細胞のメンバー(投獄中)を公開処刑したことを受けたもの。

ジュンド・アクサー機構は声明で、処刑を「個人的振る舞い」「行き過ぎ」と非難している。

なお、ファトフ軍加盟組織で活動停止を宣言したのは、シリア・ムスリム同胞団系のシャーム軍団についで2組織目。

Kull-na Shuraka', January 8, 2016

Kull-na Shuraka’, January 8, 2016

AFP, January 8, 2016、AP, January 8, 2016、ARA News, January 8, 2016、Champress, January 8, 2016、al-Hayat, January 9, 2016、Iraqi News, January 8, 2016、Kull-na Shuraka’, January 8, 2016、al-Mada Press, January 8, 2016、Naharnet, January 8, 2016、NNA, January 8, 2016、Reuters, January 8, 2016、SANA, January 8, 2016、UPI, January 8, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク