シリア軍、ロシア軍はダマスカス郊外県、ダルアー県、ラタキア県で反体制武装集団への空爆、攻撃を続ける(2016年1月10日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、地対地ミサイルと思われる砲弾がダーライヤー市各所に着弾、またシリア軍が同市各所を砲撃、「樽爆弾」20発を投下した。

また西グータ地方のサラーム高速道路一帯では、シリア軍、国防隊がジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(1月10日付)によると、シリア軍がナシャービーヤ村一帯で、イスラーム軍、シャームの民のヌスラ戦線などの拠点への重点的な攻撃を行うとともに、ドゥーマー市および同市東部、ミスラーバー市で反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がシャイフ・マスキーン市を29回にわたり空爆した。

また戦闘機(所属明示せず)がダルアー市内(旧市街)を2度にわたり空爆したほか、ブスラー・シャーム市も空爆を受けた。

さらにシリア軍はタイバ町、ブスル・ハリール市各所を「樽爆弾」で空爆した。

これに対して、ジハード主義武装集団はシリア軍の第12旅団基地、イズラア市周辺を砲撃した。

一方、SANA(1月10日付)によると、シリア軍がダルアー市ハマーディーン地区、国立病院東部、電力会社南部などで反体制武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、アラブ系・アジア系民兵がシャームの民のヌスラ戦線、トルキスターン・イスラーム党などからなるジハード主義武装集団とサルマー町一帯で交戦し、ヌスラ戦線側の戦闘員2人が死亡した。

またロシア軍と思われる戦闘機が同地一帯を空爆した。

一方、SANA(1月10日付)によると、シリア軍が人民防衛部隊とともに、県北部の第867地点、ワーディー・ナブア・ミールーを制圧した。

**

アレッポ県では、SANA(1月10日付)によると、シリア軍がタームーラ村、アンダーン市、マンスーラ村、アレッポ市マイサル地区、バニー・ザイド地区で反体制武装集団の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(1月10日付)によると、シリア軍がサラーキブ市、ハーン・シャイフーン市でファトフ軍の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ハマー県では、SANA(1月10日付)によると、シリア軍がマアルキバ村、ラハーヤー村、ラターミナ町で反体制武装集団の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(1月10日付)によると、シリア軍がティールマアッラ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, January 10, 2016、AP, January 10, 2016、ARA News, January 10, 2016、Champress, January 10, 2016、al-Hayat, January 11, 2016、Iraqi News, January 10, 2016、Kull-na Shuraka’, January 10, 2016、al-Mada Press, January 10, 2016、Naharnet, January 10, 2016、NNA, January 10, 2016、Reuters, January 10, 2016、SANA, January 10, 2016、UPI, January 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク