YPG(シリア民主軍)がアレッポ市シャイフ・マクスード地区、アレッポ県アフリーン市郊外でヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動と交戦(2016年1月13日)

アレッポ県では、ARA News(1月13日付)によると、西クルディスタン移行期民政局の支配下にあるアレッポ市シャイフ・マクスード地区で、人民防衛隊とシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団が交戦し、ヌスラ戦線戦闘員1人が死亡した。

これに対して、ヌスラ戦線とシャーム戦線などからなる反体制武装集団は、西クルディスタン移行期民政局の拠点都市であるアフリーン市郊外の人民防衛隊拠点を攻撃し、人民防衛隊や革命家軍などからなるシリア民主軍と交戦した。

**

ユーフラテス殉教者大隊(自由シリア軍)は、アレッポ県ラアス・アイン市郊外のクッバ村で声明を出し、シリア民主軍への参加を表明した。

AFP, January 13, 2016、AP, January 13, 2016、ARA News, January 13, 2016、Champress, January 13, 2016、al-Hayat, January 14, 2016、Iraqi News, January 13, 2016、Kull-na Shuraka’, January 13, 2016、al-Mada Press, January 13, 2016、Naharnet, January 13, 2016、NNA, January 13, 2016、Reuters, January 13, 2016、SANA, January 13, 2016、UPI, January 13, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク