シリア軍とYPGの攻勢を受け、アレッポ県の活動家ら反体制武装集団15組織に対して、72時間以内に「アレッポ軍」として統合するよう要請(2016年2月6日)

クッルナー・シュラカー(2月7日付)によると、アレッポ県で活動家らが、反体制武装集団15組織に対して、72時間以内に「アレッポ軍」の名で統合するよう呼びかけた。

この呼びかけは、シリア軍、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊によるアレッポ県北部での攻勢により、反体制武装集団支配下のアレッポ市東部一帯が孤立したことを受けたもので、呼びかけの対象となった15組織は、シャーム戦線、「命じられるままに進め」連合、山地の鷹、第1中隊、ヌールッディーン・ザンキー運動、イスラーム軍、ムジャーヒディーン軍、シャーム自由人イスラーム運動、シャーム軍団、イスラーム覚醒大隊、アブー・アマーラ大隊、東部革命家連合、ヤルムーク旅団、第16師団、スルターン・ムラード師団。

活動家らはこの呼びかけに応じて、反体制武装集団統合のイニシアチブに応じず、統合を拒否した場合は、「革命および殉教者の血の裏切り者」とみなすと付言している。

Kull-na Shuraka', February 7, 2016

Kull-na Shuraka’, February 7, 2016

AFP, February 7, 2016、AP, February 7, 2016、ARA News, February 7, 2016、Champress, February 7, 2016、al-Hayat, February 8, 2016、Iraqi News, February 7, 2016、Kull-na Shuraka’, February 7, 2016、al-Mada Press, February 7, 2016、Naharnet, February 7, 2016、NNA, February 7, 2016、Reuters, February 7, 2016、SANA, February 7, 2016、UPI, February 7, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク