トルコのチャヴシュオール外相はシリア人避難民1万人を新たに受け入れたことを明らかにする(2016年2月9日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は訪問先のハンガリーの首都ブタペストでの記者会見で、トルコ当局が、トルコ国境近くに押し寄せているシリア人避難民約5万人(推計)のうちの1万人の領内への入国をこれまで認めたことを明らかにした。

一方、 国連人道問題調整室(OCHA)は、アレッポ県北部でのシリア軍の攻勢によって、反体制武装集団の支配下にあるアレッポ市東部が完全包囲されれば、同地にとどまる約300万人(推計)が孤立すると警鐘を鳴らした。

『ハヤート』(2月10日付)が伝えた。

AFP, February 9, 2016、AP, February 9, 2016、ARA News, February 9, 2016、Champress, February 9, 2016、al-Hayat, February 10, 2016、Iraqi News, February 9, 2016、Kull-na Shuraka’, February 9, 2016、al-Mada Press, February 9, 2016、Naharnet, February 9, 2016、NNA, February 9, 2016、Reuters, February 9, 2016、SANA, February 9, 2016、UPI, February 9, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク