ダルアー県ハウラーン地方で活動を続ける反体制武装集団15組織が「南部旅団」として統合(2016年3月9日)

ダルアー県では、『ハヤート』(3月10日付)によると、県南部のハウラーン地方で活動を続ける反体制武装集団15組織が統合し、「南部旅団」を結成した。

南部旅団に参加したのは、ムフタール旅団、アンサール・スンナ旅団、ウムライン・イスラーム旅団、フスタート・ムスリミーン旅団、ムラービティーン大隊、イブン・ワリードの末裔旅団、ダルアー自由人旅団、北部特殊任務旅団、アッラーの獅子ハムザ大隊、ジュンド・ラフマーン中隊、アーイシャ・ウンム・ムウミニーン旅団、ファールーク・ムジャーヒディーン旅団、ヒッティーン旅団、ジュンド・イスラーム大隊、ハッターブ中隊。

AFP, March 9, 2016、AP, March 9, 2016、ARA News, March 9, 2016、Champress, March 9, 2016、al-Hayat, March 10, 2016、Iraqi News, March 9, 2016、Kull-na Shuraka’, March 9, 2016、al-Mada Press, March 9, 2016、Naharnet, March 9, 2016、NNA, March 9, 2016、Reuters, March 9, 2016、SANA, March 9, 2016、UPI, March 9, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク