シリア当局が拘束していた米フリーランスのカメラマンがチェコの仲介で釈放(2016年4月8日)

米国務省のジョン・カービー報道官は、2012年にシリア当局に拘束されていたフリーランスのカメラマン、ケヴィン・ドーズ氏が釈放されたと発表した。

カービー報道官は発表のなかで、ドーズ氏を「人質」(hostage)ではなく「拘留者」(detainee)と呼ぶとともに、チェコ政府高官が同氏の釈放を仲介したことを明らかにし、謝意を示した。

AFP, April 8, 2016、AP, April 8, 2016、ARA News, April 8, 2016、Champress, April 8, 2016、al-Hayat, April 9, 2016、Iraqi News, April 8, 2016、Kull-na Shuraka’, April 8, 2016、al-Mada Press, April 8, 2016、Naharnet, April 8, 2016、NNA, April 8, 2016、Reuters, April 8, 2016、SANA, April 8, 2016、UPI, April 8, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク