アル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」の連合勢力はダルアー県タスィール町を制圧(2016年4月8日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団(シャーム自由人イスラーム運動、南部戦線、シャームの民のヌスラ戦線など)が、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うヤルムーク殉教者旅団およびイスラーム・ムサンナー運動との戦闘の末、タスィール町を制圧した。

**

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ハワール・キッリス作戦司令室およびシャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団が、県北西部のラーイー村一帯でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続けた。

ダーイシュと交戦したのは、第55師団、第51師団、第99師団、ハムザ旅団、ムウタスィム・ビッラー旅団、スルターン・ムラード旅団、「命じられるまま進め」連合、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム覚醒大隊、シャーム軍団。


AFP, April 8, 2016、AP, April 8, 2016、ARA News, April 8, 2016、Champress, April 8, 2016、al-Hayat, April 9, 2016、Iraqi News, April 8, 2016、Kull-na Shuraka’, April 8, 2016、al-Mada Press, April 8, 2016、Naharnet, April 8, 2016、NNA, April 8, 2016、Reuters, April 8, 2016、SANA, April 8, 2016、UPI, April 8, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク