ファトフ軍はイドリブ市内で、トルコ領からダーイシュ戦闘員を潜入させようとしていたグループを摘発したと発表(2016年6月22日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(6月23日付)によると、ファトフ軍の治安部隊が声明を出し、イドリブ市シュアイブ・モスク地区で、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員をトルコ領内から潜入させようとしていたグループを摘発したと発表した。

なお、2015年9月30日にロシアがシリア領内での空爆を開始し、ロシア、シリア両国がイドリブ県、ラタキア県でのダーイシュ拠点を空爆したと報じた際、米国など有志連合側は、同地にダーイシュの拠点はないと主張していた。

Kull-na Shuraka', June 23, 2016

Kull-na Shuraka’, June 23, 2016

 

AFP, June 23, 2016、AP, June 23, 2016、ARA News, June 23, 2016、Champress, June 23, 2016、al-Hayat, June 24, 2016、Iraqi News, June 23, 2016、Kull-na Shuraka’, June 23, 2016、al-Mada Press, June 23, 2016、Naharnet, June 23, 2016、NNA, June 23, 2016、Reuters, June 23, 2016、SANA, June 23, 2016、UPI, June 23, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク