ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動、「穏健な反体制派」の連合部隊がラタキア県国境地帯のナフシャバー村などを制圧(2016年6月28日)

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍および親政権民兵がナフシャバー村、ラシャー村、マズガリー村、ハークーラ村、ブルジュ・バイダー村などトルクメン山、クルド山一帯に進軍し、第1沿岸師団、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍、アンサール・シャーム、第2沿岸師団、ファトフ軍、トルクメン・イスラーム運動、シャームの民のヌスラ戦線と交戦、同地一帯を「樽爆弾」などで空爆した。

同地では27日に、ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団が同地一帯で「ヤルムークの戦い」を銘打って攻撃を激化させ、28日早朝までにナフシャバー村、ラシャー村、マリク村などを制圧していた。

一方、SANA(6月28日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともにナフシャバー村一帯でシャームの民のヌスラ戦線などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

アレッポ県では、SNN(6月28日付)によると、アレッポ市北部のアルド・マッラーフ地区一帯では、ロシア軍による空爆が行われるなか、シリア軍とアレッポ・ファトフ軍作戦司令室が交戦を続けた。

ARA News(6月28日付)によると、アレッポ・ファトフ軍作戦司令室はまたハンダラート・キャンプ一帯のシリア軍拠点を攻撃した。

アレッポ・ファトフ軍作戦司令室はまた、アレッポ市西部の科学研究センター一帯に進軍し、シリア軍と交戦した。

一方、SANA(6月28日付)によると、反体制武装集団がアレッポ市ナイル通り地区、ハーリディーヤ地区、ハムダーニーヤ地区を砲撃し、1人が死亡、4人が負傷した。

他方、クッルナー・シュラカー(6月29日付)によると、ヤーキド・アダス村をロシア軍が空爆し、民間防衛隊(ホワイト・ヘルメット)隊員4人が死亡した。

**

イドリブ県では、ARA News(6月28日付)によると、ジュンド・アクサー機構が、アリーハー市へのシリア軍およびロシア軍による空爆を回避するため、同市の本部を撤去したと発表した。

**

クナイトラ県では、SANA(6月28日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線が撃った迫撃砲弾がバアス市に着弾した。

**

ダマスカス郊外県では、SANA(6月28日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、バーラー村・ジスリーン町一帯に進軍し、反体制武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、SANA(6月28日付)によると、シリア軍がダルアー市・タファス市回廊地帯でシャームの民のヌスラ戦線を要撃した。

**

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、6月27日に4件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。

停戦違反はダマスカス県郊外県で発生し、イスラーム軍などが砲撃を行ったという。

米・ロシアによる敵対行為停止合意が発効した2月27日以降の停戦違反件総数は730件。

AFP, June 28, 2016、AP, June 28, 2016、ARA News, June 28, 2016、Champress, June 28, 2016、al-Hayat, June 29, 2016、Iraqi News, June 28, 2016、Kull-na Shuraka’, June 28, 2016、June 29, 2016、al-Mada Press, June 28, 2016、Naharnet, June 28, 2016、NNA, June 28, 2016、Reuters, June 28, 2016、SANA, June 28, 2016、SNN, June 28, 2016、UPI, June 28, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク