イドリブ県、ラタキア県、ハマー県、ヒムス県各所をシリア軍とロシア軍が激しく爆撃(2016年7月30日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がカフルタハーリーム村、サルマダー市、ハーン・シャイフーン市、タマーニア町を空爆し、複数人が死傷した。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がキンサッバー町一帯を空爆、また同地ではシリア軍、シリア人・外国人民兵が、「ヤルムークの戦い」作戦司令室と交戦した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がラターミナ町、ムーリク市を空爆した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がラスタン市およびその周辺を空爆する一方、シリア軍がタルビーサ市を砲撃した。

一方、SANA(7月30日付)によると、シリア軍がダイル・フール村、ラスタン市で反体制武装集団と交戦、戦闘員7人を殲滅した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がザーキヤ町一帯、ドゥーマー市を砲撃する一方、バハーリーヤ村でシリア軍、ヒズブッラー戦闘員がイスラーム軍などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、SANA(7月30日付)によると、シリア軍がダルアー市中心街各所で反体制武装集団の拠点を攻撃した。

他方、シリア赤新月社はナワー市に人道支援物資(トレーラー44輌分)を搬入した。

**

クナイトラ県では、SANA(7月30日付)によると、シリア軍がハーン・アルナバ市一帯で反体制武装集と交戦した。

**

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、7月29日に6件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。

停戦違反はダマスカス郊外県、ラタキア県で発生し、イスラーム軍などが砲撃を行ったという。

米・ロシアによる敵対行為停止合意が発効した2月27日以降の停戦違反件総数は854件。

AFP, July 30, 2016、AP, July 30, 2016、ARA News, July 30, 2016、Champress, July 30, 2016、al-Hayat, July 31, 2016、Iraqi News, July 30, 2016、Kull-na Shuraka’, July 30, 2016、al-Mada Press, July 30, 2016、Naharnet, July 30, 2016、NNA, July 30, 2016、Reuters, July 30, 2016、SANA, July 30, 2016、UPI, July 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク