シャーム・ファトフ戦線(ヌスラ戦線)、シャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍がアレッポ市東部の包囲解除とアレッポ市西部の包囲に向けて大規模攻撃を開始、同市南部のシリア軍拠点複数カ所を制圧(2016年7月31日)

アレッポ県では、ファトフ軍(シャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)、シャーム自由人イスラーム運動、シャーム軍団など)が、「アレッポ大血戦」の戦いと銘打って、シリア軍が包囲するアレッポ市東部の封鎖解除と、アレッポ市ラームーサ地区閉鎖を通じたアレッポ市西部(シリア政府支配地域)の包囲に向けた作戦を開始、アレッポ市南部郊外での攻撃を激化させた。

これに先立ち、ファトフ軍の事実上の統括者のサウジアラビア人説教師のアブドゥッラー・ムハイスィニー氏が、シリア軍によるアレッポ市東部の包囲に関して「シャームのジハードの歴史における最大のマルハマ」が行われるだろう、と述べるビデオ映像(https://youtu.be/YEzpnxH_DEk)がインターネット上で拡散されていた。

クッルナー・シュラカー(7月31日付)によると、ファトフ軍はアレッポ市南部郊外のフワイズ村、サービキーヤ村、マクバラ丘、フワイズ丘のシリア軍および親政権外国人武装部隊の拠点を砲撃、またアレッポ市北部のライラムーに地区工場施設一帯、アルド・マッラーフ地区農場一帯、タームーラ村一帯でシリア軍と交戦を激化させたという。

戦闘を主導する武装集団の一つシャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)は、アレッポ市南西部のラーシディーン地区に近いヒクマ学校、第1ヒクマ・ブロック、第2ヒクマ・ブロック、ムウタ丘、第1070計画地区などを制圧したと発表した。

Kull-na Shuraka', July 31, 2016

Kull-na Shuraka’, July 31, 2016

また、シャーム自由人イスラーム運動は、作戦が第2段階に入ったとして、アハド丘、マハッバ丘、ミサイル大隊基地、シャルファ村などアレッポ市南部郊外のシリア軍の拠点を制圧したと発表した。

さらに、シリア・ムスリム同胞団系のシャーム大隊は、アーミリーヤ村、マフルーカート丘、ジャムイーヤート丘などを制圧したと発表した。

Kull-na Shuraka', July 31, 2016

Kull-na Shuraka’, July 31, 2016

シリア人権監視団、クッルナー・シュラカー(7月31日付)によると、これに対して、戦闘機(所属明示せず)が、アターリブ市、アンジャーラ村、カブターン・ジャバル村、フール村、アンダーン市、英国人墓地、アンダーン市、カフルハムラ村、マスィービーン丘、マアーッラト・アルティーク村、アルド・マッラーフ地区農場北部一帯、アレッポ市ザフラー協会地区一帯、ジュルーム地区、ブスターン・バーシャー地区を空爆・砲撃し、少なくとも4人が死亡した

一方、SANA(7月31日付)によると、反体制武装集団がアレッポ市ハムダーニーヤ地区、第1070計画地区、ルーワード協会地区、ダーヒヤト・アサド地区、ラームーサ地区などを砲撃・狙撃し、11人が死亡、53人が負傷した。

このほか、ARA News(7月31日付)によると、西クルディスタン移行期民政局支配下のアレッポ市シャイフ・マクスード地区が反体制武装集団の砲撃を受けた。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がドゥーマー市、ハラスター市郊外(ダマスカス・ヒムス街道一帯)、バイト・ジン村を空爆する一方、シリア軍ヘリコプターがダーライヤー市、ハーン・シャイフ・キャンプ一杯を「樽爆弾」、地対地ミサイルと思われる砲弾で攻撃した。

シリア軍はまた、バラダー渓谷のアイン・フィージャ町、イフラ村を重火器で攻撃した。

一方、ARA News(7月31日付)によると、イスラーム軍がシリア軍と交戦の末、フーシュ・ファーラ村の大部分を奪還した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団がムーサビーン村を砲撃し1人が死亡、複数人が負傷した。

一方、シリア軍はジャースィム市の病院、ダルアー市中心街を砲撃、戦闘機(所属明示せず)がナワー市各所を空爆した。

なお、ナワー市では爆弾を積んだオートバイが爆発し、1人が死亡した。

他方、SANA(7月31日付)によると、反体制武装集団がダルアー市各所、イズラア市、ムーサビーン村を砲撃し、1人が死亡、12人が負傷した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、ハマー市とサラミーヤ市を結ぶ街道で爆弾を積んだ車が爆発し、4人が負傷した。

また戦闘機(所属明示せず)がカフルズィーター市を空爆、これに対して反体制武装集団はシャイザル町を砲撃した。

一方、SANA(7月31日付)によると、ファトフ軍がシャイザル町を砲撃し、5人が負傷した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ヒザーリーン村・マアッラト・ハルマ村街道で反体制武装集団の車輌が自爆に触れ爆発した。

また戦闘機(所属明示せず)がカフルナブル市を空爆した。

一方、SANA(7月31日付)によると、反体制武装集団がフーア市を砲撃し、1人が負傷した。

**

ロシア国防省は、ラタキア県フマイミーム航空基地のシリア駐留ロシア軍司令部に設置された当事者和解調整センターが、7月30日に6件の停戦違反が発生したことを確認したと発表した。

停戦違反はダマスカス郊外県、ラタキア県で発生し、イスラーム軍、「自由シリア軍」などが砲撃を行ったという。

米・ロシアによる敵対行為停止合意が発効した2月27日以降の停戦違反件総数は900件。

**

アサド大統領はシリア・アラブ軍創設記念日に合わせて声明を出し、軍将兵に祝辞を述べた。

またアブドゥッラー・アイユーブ参謀長は、アサド大統領の命を受け総司令部将官を伴いアルド・マッラーフ地区農場、アレッポ市バニー・ザイド地区、ハーリディーヤ地区を視察訪問した。

AFP, July 31, 2016、AP, July 31, 2016、ARA News, July 31, 2016、Champress, July 31, 2016、al-Hayat, August 1, 2016、Iraqi News, July 31, 2016、Kull-na Shuraka’, July 31, 2016、al-Mada Press, July 31, 2016、Naharnet, July 31, 2016、NNA, July 31, 2016、Reuters, July 31, 2016、SANA, July 31, 2016、UPI, July 31, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク