トルコ内閣報道官は米国仲介によるYPGとの停戦を否定(2016年8月31日)

トルコのイブラヒム・カリン大統領府報道官は記者会見で、アレッポ県ジャラーブルス市一帯でトルコ軍が反体制武装集団とともに行っている「ユーフラテスの盾」作戦に関して、アレッポ県北部国境地帯の全長約90キロにわたるベルト地帯から「テロリスト」を浄化することが目的だと述べるとともに、米国の仲介による西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍(所属部隊)との停戦には応じていないと強調した。

また、オマル・チェリク欧州問題担当国務大臣は、「我々はいかなる状況でも…トルコとクルド勢力との停戦には応じない」と述べた。

AFP, August 31, 2016、AP, August 31, 2016、ARA News, August 31, 2016、Champress, August 31, 2016、al-Hayat, September 1, 2016、Iraqi News, August 31, 2016、Kull-na Shuraka’, August 31, 2016、al-Mada Press, August 31, 2016、Naharnet, August 31, 2016、NNA, August 31, 2016、Reuters, August 31, 2016、SANA, August 31, 2016、UPI, August 31, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク