シリア軍はアレッポ市東部からの反体制派退去を促すため、爆撃・砲撃を軽減すると発表(2016年10月5日)

シリア軍武装部隊総司令部は声明を出し、アレッポ市東部での流血と破壊を回避するため、にとどまる反体制武装集団戦闘員に対して、恩赦を活用し、免罪を求めるか、武器を棄て家族とともにアレッポ市から退去するかを選択する機会を与えるため、爆撃および砲撃を軽減すると発表した。

恩赦とは、武器を棄て、投降したすべての者を恩赦することを定めた2016年政令第15号のこと。

AFP, October 5, 2016、AP, October 5, 2016、ARA News, October 5, 2016、Champress, October 5, 2016、al-Hayat, October 6, 2016、Iraqi News, October 5, 2016、Kull-na Shuraka’, October 5, 2016、al-Mada Press, October 5, 2016、Naharnet, October 5, 2016、NNA, October 5, 2016、Reuters, October 5, 2016、SANA, October 5, 2016、UPI, October 5, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク