所属不明の戦闘機がダルアー県西部でダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍の拠点を爆撃(2017年6月28日)

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(6月28日付)によると、所属不明の戦闘機が、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓い、シャーム解放機構、シャーム自由人イスラーム運動を含む反体制武装集団と抗争を続けるハーリド・ブン・ワリード軍の支配下にあるジッリーン村を空爆、ハーリド・ブン・ワリード軍の戦闘員多数が死傷、拠点複数カ所が破壊された。

この空爆でハーリド・ブン・ワリード軍司令官のアブー・ハーシム・リファーイー氏が死亡した。

AFP, June 28, 2017、AP, June 28, 2017、ARA News, June 28, 2017、Champress, June 28, 2017、al-Hayat, June 29, 2017、Kull-na Shuraka’, June 28, 2017、al-Mada Press, June 28, 2017、Naharnet, June 28, 2017、NNA, June 28, 2017、Reuters, June 28, 2017、SANA, June 28, 2017、UPI, June 28, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク