東グータ地方(ダマスカス郊外県)のシャーム自由人イスラーム運動メンバー20人がラフマーン軍団に合流(2017年7月31日)

『ハヤート』(8月1日付)によると、ダマスカス郊外県東グータ地方で活動するアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動のメンバー約20人が離反し、シャーム解放委員会とともにイスラーム軍と対立を続けるラフマーン軍団に加入した。

シャーム自由人イスラーム運動のウマル・ハッターブ報道官が明らかにした。

AFP, July 31, 2017、AP, July 31, 2017、ARA News, July 31, 2017、Champress, July 31, 2017、al-Hayat, August 1, 2017、Kull-na Shuraka’, July 31, 2017、al-Mada Press, July 31, 2017、Naharnet, July 31, 2017、NNA, July 31, 2017、Reuters, July 31, 2017、SANA, July 31, 2017、UPI, July 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク