YPG主体のシリア民主軍はダーイシュに参加していたインドネシア人男女17人を同国当局に引き渡す(2017年8月10日)

AP(8月10日付)は、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍がラッカ市で籠城を続けるダーイシュ(イスラーム国)に参加していたインドネシア人17人(女性、子供を含む)をシリア・イラク国境を通じて移送、イラク領内でインドネシア当局に身柄を引き渡した、と伝えた。

移送には西クルディスタン移行期民政局女性防衛部隊(YPJ)が行ったという。

AFP, August 10, 2017、AP, August 10, 2017、ARA News, August 10, 2017、Champress, August 10, 2017、al-Hayat, August 11, 2017、Kull-na Shuraka’, August 10, 2017、al-Mada Press, August 10, 2017、Naharnet, August 10, 2017、NNA, August 10, 2017、Reuters, August 10, 2017、SANA, August 10, 2017、UPI, August 10, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク