シャーム解放委員会はイード・アドハーに合わせて恩赦実施を決定(2017年8月31日)

シリアのアル=カーイダと目されているシャーム解放委員会(旧シャームの民のヌスラ戦線)は声明を出し、イード・アドハーを記念して、禁固刑の判決を受けた収監者のうち、半分以上の刑期を終えた者に対して恩赦を与えることを司法評議会が決定したと発表した。

恩赦が実施される地域に関して、シャーム解放委員会のイマードッディーン・ムジャーヒド広報関係局長は、イナブ・バラディー(8月31日付)に「解放されたシリア北部」、すなわちイドリブ県が含まれると述べた。

AFP, August 31, 2017、AP, August 31, 2017、ARA News, August 31, 2017、Champress, August 31, 2017、al-Hayat, September 1, 2017、‘Inab Baladi, August 31, 2017、Kull-na Shuraka’, August 31, 2017、al-Mada Press, August 31, 2017、Naharnet, August 31, 2017、NNA, August 31, 2017、Reuters, August 31, 2017、SANA, August 31, 2017、UPI, August 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク