米国の支援を受ける東部獅子軍、殉教者アフマド・アブドゥー軍団は撃墜・捕捉していたシリア軍戦闘機パイロットら30人をシリア軍との捕虜交換で解放(2017年8月31日)

ディマシュク・アーン(8月31日付)は、8月15日に米国の支援を受ける東部獅子軍、殉教者アフマド・アブドゥー軍団(いずれも「ハマード浄化のために我らは馬具を備えし」作戦司令室、自由シリア軍砂漠諸派、「土地は我らのものだ」作戦司令室所属組織)の攻撃によって撃墜・捕捉されていたシリア軍戦闘機のパイロット、アリーフ・フルウ少佐が、シリア軍との捕虜交換によって解放された、と伝えた。

この捕虜交換で、フルウ大佐を含むシリア軍兵士捕虜30人が解放され、スワイダー県でシリア軍に引き渡されたが、シリア軍側も反体制武装集団側も、シリア軍側が誰を解放したのかについては明らかにしていない。

Kull-na Shuraka’, August 31, 2017

AFP, August 31, 2017、AP, August 31, 2017、ARA News, August 31, 2017、Champress, August 31, 2017、Dimashq al-An, August 31, 2017、al-Hayat, September 1, 2017、Kull-na Shuraka’, August 31, 2017、al-Mada Press, August 31, 2017、Naharnet, August 31, 2017、NNA, August 31, 2017、Reuters, August 31, 2017、SANA, August 31, 2017、UPI, August 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク