イドリブ市で自治当局が治安悪化に抗議するデモを呼びかける(2017年10月10日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(10月10日付)によると、イドリブ市の治安の悪化に抗議するデモが発生し、多くの住民が参加した。

デモは、10日に同市中心街のシュアイブ・モスク近くにある金細工商に何者かが押し入り、アイマン・アブドゥルマーーン・クーサラ氏とその父親を殺害し、金細工約5キロ(1万ドル相当)を持ち去った事件を受け、イドリブ市評議会が強盗犯罪と治安状況に抗議するために呼びかけたもの。

Kull-na Shuraka’, October 10, 2017

Kull-na Shuraka’, October 10, 2017

Kull-na Shuraka’, October 10, 2017

Kull-na Shuraka’, October 10, 2017

Kull-na Shuraka’, October 10, 2017

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、10日に引き続き県東部のラクバーン村一帯でダーイシュ(イスラーム国)とシャーム解放委員会が交戦した。

また、クッルナー・シュラカー(10月10日付)によると、ダーイシュは、前日の戦闘で捕捉したシャーム解放委員会のメンバー8人を解放した。

AFP, October 10, 2017、ANHA, October 10, 2017、AP, October 10, 2017、ARA News, October 10, 2017、Champress, October 10, 2017、al-Hayat, October 11, 2017、Kull-na Shuraka’, October 10, 2017、al-Mada Press, October 10, 2017、Naharnet, October 10, 2017、NNA, October 10, 2017、Reuters, October 10, 2017、SANA, October 10, 2017、UPI, October 10, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク