トルコのエルドアン大統領はロジャヴァ支配下のタッル・アブヤド市、マンビジュ市侵攻の意思を改めて表明(2018年3月25日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は北部のギレソン市での与党公正発展党(AKP)の大会で演説し、西クルディスタン移行期民政局支配下のアレッポ県タッル・リフアト市への侵攻の意思を改めて表明するとともに、米国に対してマンビジュ市を「本来の持ち主」に引き渡すよう求め、同地から人民防衛部隊(YPG)が退去しない場合、「トルコは地域住民と協力し、それを実現せざるを得ない」と述べた。

エルドアン大統領はまた、ダマスカス郊外県東グータ地方の女性から送られたとするメッセージを読み上げた。

このメッセージは、アフリーン市で行われているのと同様の措置を東グータ地方でも行うよう求めるもので、「グータには2万人が留まっていたが、みなこの地を去ろうとしています。私たちの運命がどうなるか分かりません」などと綴られていた。

このほか、エルドアン大統領は、1月20日に開始宣言された「オリーブの枝」作戦で「自由シリア軍」戦闘員302人が死亡、「テロリスト」(西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍)3,747人を殲滅したことを明らかにした。

なお、2015年夏から2016年春にかけての「ユーフラテスの盾」作戦で死亡した「自由シリア軍」戦闘員は614人だったという。

アナトリア通信(3月25日付)などが伝えた。

AFP, March 25, 2018、Anadolu Ajansı, March 25, 2018、ANHA, March 25, 2018、AP, March 25, 2018、al-Durar al-Shamiya, March 25, 2018、al-Hayat, March 26, 2018、Reuters, March 25, 2018、SANA, March 25, 2018、UPI, March 25, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク