レバノンで避難生活を続けていた難民137人が自発的にシリアに帰還(2018年8月13日)

レバノンで避難生活を続けていた難民137人が、UNHCR、レバノン当局の協力のもと、シリア政府によって用意された大型旅客バスに分乗し、ダマスカス郊外県ジュダイダト・ヤーブース国境通行所を経由して帰国し、バイト・ジン村および同村周辺の農場地帯にある自宅に自発的に帰還した。

SANA, August 13, 2018

**

ダルアー県では、SANA(8月13日付)によると、戦闘を回避するために避難していた住民数千世帯がナーミル村に帰還した。

AFP, August 13, 2018、ANHA, August 13, 2018、AP, August 13, 2018、al-Durar al-Shamiya, August 13, 2018、al-Hayat, August 14, 2018、Reuters, August 13, 2018、SANA, August 13, 2018、UPI, August 13, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き パーマリンク