アリー・アブドゥルカリーム在レバノン・シリア大使はアラブ連盟経済サミットへの招待を辞退(2019年1月17日)

レバノン日刊紙『アフバール』(1月17日付)は、レバノン外務省が、1月18~19日にベイルートで開催予定のアラブ連盟経済サミットへの招待状をアリー・アブドゥルカリーム在レバノン・シリア大使に送ったと伝えた。

これに関して、OTV(1月17日付)は、アブドゥルカリーム大使が招待を辞退したと伝えた。

アラブ連盟がシリアに対して正しい姿勢をいまだとれていないというのが辞退の理由だという。

AFP, January 17, 2019、al-Akhbar, January 17, 2019、ANHA, January 17, 2019、AP, January 17, 2019、al-Durar al-Shamiya, January 17, 2019、al-Hayat, January 18, 2019、OTV, January 17, 2019、Reuters, January 17, 2019、SANA, January 17, 2019、UPI, January 17, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き パーマリンク