レバノンのバースィール外務大臣「シリアをテロリズムの手のなかに投げ込むのではなく、抱擁しなければならない」(2019年1月18日)

アラブ連盟経済サミットがレバノンの首都ベイルートで開幕し、議長国を務めるレバノンのジュブラーン・バースィール外務大臣が基調演説を行った。

バースィール外務大臣はそのなかで「我々は、シリアをテロリズムの手のなかに投げ込むのではなく、抱擁しなければならない。そのために誰かがその復帰を許可するのを待つまでもない」としたうえで、「シリアは今日の我々の会議における最大の対立点だが、シリアが欠席したことの重みを感じる」と述べた。

ナハールネット(1月18日付)が伝えた。

AFP, January 18, 2019、ANHA, January 18, 2019、AP, January 18, 2019、al-Durar al-Shamiya, January 18, 2019、al-Hayat, January 19, 2019、Naharnet, January 18, 2019、Reuters, January 18, 2019、SANA, January 18, 2019、UPI, January 18, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, レバノンの動き パーマリンク