2014年3月30日のシリア情勢:反体制勢力の動き

クッルナー・シュラカー(3月30日付)は、自由シリア軍(参謀委員会)が3月半ばから行っていた組織改編を終え、参謀委員会メンバーを新たに選出したと報じた。

同報道によると、新参謀委員会メンバーは以下の通り:

1. アスアド・ムスタファー移行期政府国防大臣

2. ムハンマド・ハッルーフ移行期政府国防副大臣(少将)

3. アブドゥルイラーフ・バシール参謀長(准将)

4. ハイサム・アフィースィー参謀副長(大佐)

5. ザキー・アリー・ルーラ作戦局長(准将)

6. アドナーン・フトバ兵器局長(准将)

7. アフマド・ガッラ兵站支援局長(准将)

8. アフマド・シュルーフ偵察局長(准将)

9. アブドゥルマジード・ドゥバイス迫撃ミサイル局長(准将)

10. タラール・ファルザート組織運営局長(准将)

11. イブラーヒーム・ダルウィーシュ財務局長(准将)

12. ムハンマド・アブー・ザイド軍事法廷局長(准将)

13. サラーフ・バシーリーニー空軍局長(准将)

14. リヤード・サイード指揮局長(大佐)

15. ヤフヤー・ビータール軍事諜報局長(准将)

16. ハーリド・ウマル化学局長(准将)

17. アブドゥルマジード・アシュタル軍事工科局長(准将)

Kull-na Shuraka', March 30, 2014

Kull-na Shuraka’, March 30, 2014

またバシール参謀長ら参謀委員会メンバーは、シリア国内に潜入し、アレッポ県内の武装集団を視察したという。

**

シリア革命反体制勢力国民連立のアフマド・ウワイヤーン・ジャルバー議長は、「レバノンにおける問題とは、ヒズブッラーがシリアでの戦争に参加することが遅れたこと」としたヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長の演説(29日)に関して、「ヒズブッラーと我々の問題は、彼らがアサド政権の軍を支援して、シリアが軍事介入し、無制限な殺戮を支援していることにある」と反論した。

アナトリア通信(3月30日付)が伝えた。

AFP, March 30, 2014、Anadolu Ajansı, March 30, 2014、AP, March 30, 2014、ARA News, March 30, 2014、Champress, March 30, 2014、al-Hayat, March 31, 2014、Iraqinews.com, March 30, 2014、Kull-na Shuraka’, March 30, 2014、Naharnet, March 30, 2014、NNA, March 30, 2014、Reuters, March 30, 2014、SANA, March 30, 2014、UPI, March 30, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク