米国務省報道官はラタキア県でのシリア軍による化学兵器攻撃疑惑に関して「もしアサド政権が化学兵器を使用したら、米国とその同盟国は即座にそして適切に対応する」と警告(2019年5月22日)

米国務省のモーガン・オータガス報道官は、シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構に近いイバー・ネットが19日にラタキア県クルド山地方カッバーナ村近郊のクナイバ丘をシリア軍が塩素ガスを装填した砲弾で攻撃したと伝えたことに関して、「もしアサド政権が化学兵器をしようしたら、米国とその同盟国は即座にそして適切に対応する」と警告した。

オータガス報道官は、19日の事件について「情報を収集している」としたうえで、「アサド政権が化学兵器を再び使用する兆候に目を向け続けている」と強調、「もしアサド政権が化学兵器をしようしたら、米国とその同盟国は即座にそして適切に対応する」と警告した。

一方、ホワイト・ヘルメットなどが、シリア軍やロシア軍による化学兵器使用を捏造としているとのロシアの発表について、作り話だと一蹴、シリアとロシアが2018年11月24日にアレッポ市近郊で反体制派による化学兵器使用を捏造したと反論、OPCWや国連の調査でも、アサド政権による化学兵器使用が証明されていると主張した。

AFP, May 22, 2019、ANHA, May 22, 2019、AP, May 22, 2019、al-Durar al-Shamiya, May 22, 2019、al-Hayat, May 23, 2019、Reuters, May 22, 2019、SANA, May 22, 2019、SOHR, May 22, 2019、UPI, May 22, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク