シャーム解放機構などからなる反体制派はハマー県北部の要衝ジャルマ村の一部を制圧、シリア政府支配下のスカイラビーヤ市とムハルダ市を結ぶ街道を寸断(2019年6月7日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放機構が軍事・治安権限を掌握するイドリブ県、ハマー県北部、ラタキア県北部、アレッポ県西部の緊張緩和地帯では、シリア・ロシア軍が攻撃を激化させてから38日目となる6月7日も、シリア・ロシア軍が爆撃を実施、シリア軍とシャーム解放機構などからなる反体制武装集団が交戦した。

シリア人権監視団によると、4月30日以降の戦闘による犠牲者数は前日より71人(民間人5人、シリア軍兵士32人、反体制武装集団戦闘員34人)増えて1,227人となった。

うち、357人が民間人(女性76人、子供86人を含む)、377人がシリア軍兵士、494人が反体制武装集団戦闘員。

シリア軍戦闘機による爆撃回数は125回、投下した「樽爆弾」の数は42発を記録、ロシア軍戦闘機も38回の爆撃を実施した。

また、シリア軍地上部隊による砲撃は830発におよぶ一方、反体制武装集団も520発以上の砲撃を行った。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が戦闘機でハーン・シャイフーン市、ナキール村、シャイフ・ムスタファー村、フバイト村に爆撃を実施するとともに、ヘリコプターでハーン・シャイフーン市、フバイト村、ナキール村、ファッティーラ村、カフルサジュナ村、ウライニバ村に「樽爆弾」を投下した。

またシリア軍は地上部隊が、シリア軍がハーン・スブル村、カフルバッティーフ村、マアッラト・ヌウマーン市一帯をクラスター弾などで砲撃し、カフルバッティーフ村では民間人5人が負傷した。

**

ハマー県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団はスカイラビーヤ市とムハルダ市を結ぶ街道上に位置する戦略的要衝のジャルマ村に進攻し、同地の一部を制圧、街道を寸断した。

これに対して、シリア軍は戦闘機でカフルズィーター市、アルバイーン村、ラターミナ町、ハスラーヤー村、ザカート村に爆撃を実施するとともに、ヘリコプターでカフルズィーター市、ムーリク市、サイヤード村に「樽爆弾」を投下した。

ロシア軍もザカート村、アルバイーン村、ハスラーヤー村、ラトミーン村、ラターミナ町、カフルズィーター市、ムーリク市を爆撃した。

さらにシリア軍地上部隊が、県北部の戦闘地域を砲撃した。

反体制武装集団もシリア政府支配下のハマーミーヤート村、カルナーズ町、ジャルマ村、ジャディーダ村、カフル・フード村、シャイフ・ハディード村、カルカート村、ムスタリーハ村、カフルヌブーダ町、カッサービーヤ村、タッル・フワーシュ村を砲撃した。

ドゥラル・シャーミーヤ(6月7日付)によると、シリア軍は反体制派支配下のガーブ平原の農地に火を放ったという。

一方、SANA(6月7日付)によると、シリア軍がジャビーン丘、タッル・ミルフ村一帯にある拠点を攻撃してきた反体制武装集団を迎撃し、多数の戦闘員を殺傷した。

反体制武装集団はまた、ムハルダ市の住宅街を砲撃し、民家やインフラに被害が出た。

また、スプートニク・ニュース(6月7日付)は、ザカート村、アルバイーン村一帯を拠点とするシャーム解放機構がタッル・ミルフ村、ジャビーン村のシリア軍拠点に対して有毒ガスを装填した砲弾で攻撃を行ったと伝えた。

他方、シャーム解放機構に近いイバー・ネット(6月7日付)は、シャーム解放機構をはじめとする反体制武装集団は、最近の戦闘でシリア軍に奪われた県北部を解放するための反攻作戦第2弾となる「突破の戦い」を開始したと伝えた。

**

ラタキア県では、シリア人権監視団によると、シリア軍地上部隊がカッバーナ村一帯を砲撃した。

**

ロシア国防省は声明を出し、過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を16件(ラタキア県10件、アレッポ県2件、ハマー県4件)確認したと発表した。

トルコ側の監視チームは停戦違反を14件(アレッポ県1件、ハマー県7件、ラタキア県1件、イドリブ県5件)確認した。

AFP, June 7, 2019、ANHA, June 7, 2019、AP, June 7, 2019、al-Durar al-Shamiya, June 7, 2019、al-Hayat, June 8, 2019、Ministry of Defence of the Russian Federation, June 7, 2019、Reuters, June 7, 2019、SANA, June 7, 2019、Sputnik News, June 7, 2019、Shabaka Iba’ al-Ikhbariya, June 7, 2019、SOHR, June 7, 2019、UPI, June 7, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク