2013年にシリア軍とヒズブッラーが解放したクサイル市(ヒムス県)の住民1,000人が6年ぶりの帰還を果たす(2019年7月7日)

ヒムス県では、SANA(7月7日付)によると、シリア軍とヒズブッラーがシャームの民のヌスラ戦線(現在のシャーム解放機構)などからなる反体制武装集団との死闘の末に2013年半ばに解放したレバノン国境に近いクサイル市に、避難生活を送ってきた住民約1,000人が帰還した。

6年ぶりの帰還を果たした住民は、シリア国旗、バアス党旗やアサド大統領の写真を掲げて市内を行進した。

AFP, July 7, 2019、ANHA, July 7, 2019、AP, July 7, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 7, 2019、al-Hayat, July 8, 2019、Reuters, July 7, 2019、SANA, July 7, 2019、SOHR, July 7, 2019、UPI, July 7, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 難民・IDP パーマリンク