カタール航空は1機あたり150米ドルのシリア上空通過料をアサド政権に支払う(2019年7月7日)

シリア民間航空公社のイヤード・ザイダーン総裁は、『ワタン』(7月7日付)に対して、シリア領空を通過する諸外国の民間航空機から徴収している上空通過料の額を明らかにした。

ザイダーン総裁によると、上空通過料は総重量75トン以下の航空機1機に対して150米ドルで、75トン以上の航空機の場合は、76から200トンまでは1トンにつき2.10ドル、201トン以上は1トンにつき2.4ドルの追加料金が上乗せされているという。

上空通過料を支払っている航空会社には、イラク航空、イラン航空、レバノンのミドル・イースト航空、そしてシリア政府と断交状態にあるカタール航空が含まれており、徴収された通過料の総計は2019年上半期だけで総額300万米ドルに達しているという。

カタール航空は、シリア領内での有志連合やロシア軍の爆撃に伴う危険を回避するとして、シリア領空を迂回するかたちでドーハ・ベイルート便を運航してきたが、2019年4月にシリア上空への通過を再開していた。

なお、ズィヤード総裁によると、シリア国内の民間空港の施設改善費用を得るため、各航空会社が支払ってきた空港使用料を50%引き上げたことも明らかにした。

AFP, July 7, 2019、ANHA, July 7, 2019、AP, July 7, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 7, 2019、al-Hayat, July 8, 2019、Reuters, July 7, 2019、SANA, July 7, 2019、SOHR, July 7, 2019、UPI, July 7, 2019、al-Watan, July 7, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク