ダイル・ザウル・ラッカ県境の街道でダイル・ザウル軍事評議会の車に仕掛けられていた爆弾が爆発(2019年7月8日)

ダイル・ザウル県では、スマート・ニュース(7月8日付)によると、人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍に所属するダイル・ザウル軍事評議会の車輌に仕掛けられていた爆弾がラッカ県との県境に位置する街道で爆発し、隊員2人が負傷した。

AFP, July 8, 2019、ANHA, July 8, 2019、AP, July 8, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 8, 2019、al-Hayat, July 9, 2019、Reuters, July 8, 2019、SANA, July 8, 2019、SOHR, July 8, 2019、SMART News, July 8, 2019、UPI, July 8, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク