トルコ占領下のマーリア市(アレッポ県)で国民軍憲兵隊幹部の車に仕掛けられていた爆弾が爆発(2019年7月8日)

アレッポ県では、ANHA(7月8日付)によると、トルコの占領下にあるマーリア市で国民軍憲兵隊のジャースィム・サーリム大佐の車に仕掛けられた爆弾が爆発し、同市が重傷を負った。

AFP, July 8, 2019、ANHA, July 8, 2019、AP, July 8, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 8, 2019、al-Hayat, July 9, 2019、Reuters, July 8, 2019、SANA, July 8, 2019、SOHR, July 8, 2019、UPI, July 8, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク