シリアの文化省古物博物館総局はトルコとその支援を受ける反体制派がアレッポ県アフリーン郡の遺跡を略奪していると非難、その写真を公開(2019年7月10日)

シリアの文化省古物博物館総局は声明を出し、トルコ占領下のアレッポ県アフリーン郡にある遺跡、遺構が、トルコ軍やその支援を受ける反体制武装集団により破壊、略奪の対象となっていると懸念を表明し、略奪現場を撮影したとされる写真を公開したうえで、関連する国際機関、学術機関に対してこうした行為を停止させるよう呼びかけた。


声明によると、トルコ軍と反体制武装集団は、アフリーン郡内の丘陵遺跡を重機で掘り起こし、遺物や美術品を略奪している。

こうした行為は、タッル・ブルジュ・アブダールー、タッル・アイン・ダーラ、タッル・ジャンディールス、キュロス(ネビ・フリ)遺跡などで行われいるという。

公開された写真は、紀元前1000年頃の古代ローマの稀少な彫像だという。

SANA(7月10日付)が伝えた。

AFP, July 10, 2019、ANHA, July 10, 2019、AP, July 10, 2019、al-Durar al-Shamiya, July 10, 2019、Reuters, July 10, 2019、SANA, July 10, 2019、SOHR, July 10, 2019、UPI, July 10, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク