トルコ占領下のアレッポ県北部で活動を続ける国民軍がイドリブ県、ハマー県への戦闘員派遣を決定(2019年8月15日)

トルコ占領下のアレッポ県北部のいわゆる「ユーフラテスの盾」地域と「オリーブの枝」地域で活動を続ける反体制武装集団の連合体である国民軍のユースフ・ハンムード報道官(少佐)は、ドゥラル・シャーミーヤ(8月15日付)の取材に応じ、そのなかで、国民軍所属の第3軍団が15日朝、イドリブ県とハマー県に戦闘員数十人を派遣するための準備を開始したと発表した。

同地で反体制武装集団(シャーム解放機構、国民解放戦線、イッザ軍など)とともにシリア軍と戦うのが目的だという。

ハンムード報道官によると、戦闘員派遣は、国民軍司令部と国民解放戦線司令部との会合で決定されたという。

国民軍と国民解放戦線はいずれもトルコの支援を受けている。

**

なお、これに先立って、シリア・イスラーム評議会のアブドゥルカリーム・バッカール報道官もフェイスブックのアカウントを通じて、国民軍にイドリブ県、ハマー県での戦闘に参加するよう呼びかけていた。

AFP, August 15, 2019、ANHA, August 15, 2019、AP, August 15, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 15, 2019、Reuters, August 15, 2019、SANA, August 15, 2019、SOHR, August 15, 2019、UPI, August 15, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク