ハマー県ミスヤーフ市一帯がイスラエル軍によると思われるミサイル攻撃を受け、シリア軍が迎撃(2019年8月15日)

シリア軍筋は、シリア軍防空部隊がレバノン北部から飛来した「敵の標的」を迎撃、ハマー県ミスヤーフ市一帯に着弾する前にこれを破壊したと発表した。

同筋によると、「敵の標的」は15日午後11時6分に防空部隊によって補則され撃破されたという。

SANA(8月15日付)が伝えた。

シリア人権監視団によると、「敵の標的」はイスラエル軍戦闘機が発射したミサイルだと思われる。

AFP, August 15, 2019、ANHA, August 15, 2019、AP, August 15, 2019、al-Durar al-Shamiya, August 15, 2019、Reuters, August 15, 2019、SANA, August 15, 2019、SOHR, August 15, 2019、UPI, August 15, 2019などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク